中国語翻訳

翻訳家になるには

業界で需要の多い翻訳家は志す人の多い職業です。医薬分野、マーケティング、映像作品、ITなど多岐に渡ります。「本気で翻訳家になりたい」と思ったら、翻訳の専門学校に行くことをおすすめします。凄く有名な学校が東京にはあります。外国語大学や専門学校は数あれど、これだけ翻訳に特化した学校はないでしょうね。実際の通学講座以外に通信講座もあります。
この記事では主に通信講座についてご説明したいと思います。通信講座ならわざわざ東京まで来なくても自宅で翻訳について学べるし、添削もきっちりしてくれるのでプロの翻訳家になるための道はちゃんと確保されています。ただの勉強で完結せず、きちんとお膳立てしてくれるのがこの学校の良いところですね。
コースにつきましては、まず入門編で9ヶ月勉強します。次は初級編で実務翻訳なら6か月、出版翻訳なら3か月、映像翻訳なら4か月です。実務翻訳はレベルが高い為6か月からスタートするのですね。中級編は実務応用なら3か月、出版翻訳なら6か月、吹き替えと字幕なら6か月です。最後の上級編は「マスターコース」ということで、それまでの全ての分野の集大成(6か月)です。また、初級~上級までの間にもコースがあり、リーディング(4か月)があります。ジャンルは出版翻訳です。こんな風に学習を重ねていけば、ほぼ習得できますよ。頑張って下さい。

翻訳家になった人たち

翻訳家になろうと思うきっかけは人様々です。大好きな映画や、楽曲の歌詞などを翻訳しているうちに好きになったなど。私の場合は、もともと英語を勉強したり、海外メディアを調べるために海外のニュース(英文)を見ていたりと、趣味の一環で興味があったのと、結婚して子供も産まれ、家事と育児を両立するために在宅ワークを探しているときにたまたま見つけたのが縁でした。…

WEBで翻訳を依頼する際に

出版社などを通してではなく個人で中国語翻訳家を探す場合、今は手軽にウェブで探すことができます。しかし、ウェブで探すと、たくさんの検索結果が出てきてどこを選べばよいか迷ってしまいますよね。ウェブでの翻訳受託を行っている企業でも、採用テストを行って質の高いサービスを提供しているところもあれば、安いだけのところもあります。ウェブで中国語翻訳を依頼する際には、…

翻訳会社を選ぶ基準と担当人数

翻訳サービスを利用する場合、人数などは会社を見極める基準の1つになります。なぜなら、それは文章の精度にも関わってくるからです。そもそも外国語の文章を翻訳してもらう際にも、やはり一定のクオリティーが求められます。自然な文章になっているかどうかは、もちろん大切なポイントです。また文章が正確か否かも、やはり見過ごせないポイントと言えます。それらのポイ…

翻訳家になるには

業界で需要の多い翻訳家は志す人の多い職業です。医薬分野、マーケティング、映像作品、ITなど多岐に渡ります。「本気で翻訳家になりたい」と思ったら、翻訳の専門学校に行くことをおすすめします。凄く有名な学校が東京にはあります。外国語大学や専門学校は数あれど、これだけ翻訳に特化した学校はないでしょうね。実際の通学講座以外に通信講座もあります。この記事で…

TOP